teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


8月研修会

 投稿者:関西支部 仲谷  投稿日:2011年 6月27日(月)08時40分37秒
  SJF学会関西支部会員ならびに当掲示板をご覧のPT・OTの先生方へ
お世話になっております。SJF学会関西支部の仲谷です。
当支部のホームページをご覧の方はご存知と思いますが、来る8月27日(土)28日(日)に関西支部主催の技術研修会を行います。
講師に、SJF学会理事長 宇都宮 初夫 先生をお迎えし、27日は「最新の技術紹介編」28日は「導入編」として、ご講義ならびに実技指導を頂きます。
関西支部では1月と8月の年2回、宇都宮先生にご講義頂いており、特に8月は主にSJFについて多くの時間を割いて頂いています。
既に多数の申込を承っていますが、まだ申込受付可能ですので、SJF学会関西支部ホームページにて詳細をご確認の上、奮って申し込み下さい!お待ちしています!

SJF学会関西支部事務局
仲谷武司(野村医院)
※当医院はPT1名募集中です。
 
 

ハッチポッチ研修会のご案内

 投稿者:北澤 澄メール  投稿日:2011年 5月25日(水)07時05分15秒
  SJF学会会員各位
Hotchpotchでは、7月2・3日宇都宮先生による研修会を行います。
タイトルは「講義:SJF」です。
二日間で10時間以上、宇都宮先生にSJFに関して思いっきり講義をしていただく予定です。
SJFを知らない人にも勉強中の人にも、SJFは分かったと思っている方にも、きっと役立つ内容になる事と思います。
理解したつもりでももう一つすっきりしていなかった基礎の基礎、難しくて良くわからないとあきらめていたこと、混乱して使い方が分からなくなってしまっている用語のこと、その他多くの未消化のSJFをお持ちの皆さん、この二日間で整理しましょう。
それぞれの方にきっとSJFの新たな世界が見えてくることと思います。
尚、この研修会はSJF学会の研修会ではありませんので、興味のある方は当会のホームページをご覧下さい。
http://hotchpotchreha.uijin.com/
(怪しい会ですが、そんなにいかがわしい会ではありませんから、ご心配なく。)

http://hotchpotchreha.uijin.com/

 

新年度ですね。

 投稿者:はらふみこ  投稿日:2011年 4月10日(日)22時33分2秒
  関西支部会員のみなさんへ

新年度が始まりましたね。
○年目というのが、一つ増えました。

今年の国試合格率も耳にしました。
だんだん厳しくなっていく時代ですね。それだけPT/OTが世の中に増えているんですよね。

自分が入職した時のことを思い出します。とにかく必死でした。

今、これだけの情報社会、様々な情報がすぐに手に入ります。
よいものも悪いものも。正しいことも、そうでないことも。
情報があふれ過ぎて、怖いくらいです。
我々は専門家として正しい情報だけを信じ、その基礎知識をもとに技術を提供する技術者です。


毎月の真実会へは本当に多くの方々が参加してくれています。
真実会での情報は、臨床で生かされていますか?
1回では理解できないこと、練習しきれないことたくさんあると思います。
日曜開催勉強会はそれを少しでも補おうとする場でもあります。
真実会とは少し雰囲気の違う勉強会になってますよ。


技術者の「手」・専門家の「手」、一緒に目指しましょう。


原典子
 

『第12回SJF学術集会 北九州大会のご案内』

 投稿者:SJF学会九州北支部山本真一郎メール  投稿日:2011年 4月 6日(水)02時54分26秒
  SJF学会 会員各位

春暖の候、先生方におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。しかしながら、東日本大震災の爪痕が深く残り、未だ余震や原発の問題など不安な状況が続いております。被害に遭われました方々には心より哀悼の意とお見舞いを申し上げます。
さて、平成23年9月18日(日)・19日(月・祝)の2日間にわたり、第12回SJF学術集会 北九州大会の開催を予定しております。今回のテーマは『関節疾患とSJF』~関節リウマチについて~です。昨年のパーキンソン病に続き、非常に興味深いテーマとなっております。大会プログラムとしては1日目に大会長講演、理事長基調講演、九州大学病院整形外科の馬渡太郎先生による関節リウマチについての特別講演、宇都宮理事長によるデモンストレーション、そしてシンポジウム、2日目は一般演題Ⅰ・Ⅱおよびポスター発表と中身の濃い内容となっております。
また、大会前日の17日(土)にはSJFインフォメーション講座として大会参加者の中で希望される方には無料にて受講頂き、大会前にSJFについて理解を深めて頂く企画も予定しております(希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます)。
引き続き一般演題も募集しておりますので、日頃の成果を存分にこの場で発表して頂きたいと思います。
今大会は研究会から学会へと飛躍した初めての開催となります。その記念すべき大会となるようしっかり準備して参ります。皆様のお越しを九州北支部スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

大会参加のお申込みはSJF学会九州北支部HPをご参照下さい。
http://sjf-knp.news-site.net/

第12回SJF学術集会 北九州大会
大会長 山本真一郎(二田水整形外科医院:九州北支部長)
 

持久性の発表を終えて

 投稿者:片倉忠紀 ・ 本多智史  投稿日:2011年 3月 2日(水)20時16分52秒
  先月・今月と持久性をテーマに発表させて頂いた大西脳神経外科病院、理学療法士の片倉・本多です。

今月の発表時にtilt tableを用いての血圧・脈拍数の変化を測定した際に、腹帯を装着した際はtilt角度を上げても収縮期血圧の変動(低下)は装着しない場合と比べ微小な数値となりました。

しかしflatにし腹帯を外した時に、135/88(tilt70°)⇒172/73(flat)と著明に上昇してしまいました。これは傾斜角度の減少や腹帯の除去による急激な静脈環流量の増加により心収縮が過剰に強まったものと考えられます。腹帯除去の方法や、角度の下げ方などを考慮する必要がありました。

また、段差昇降後の脈拍数上昇値から2分後の値への変化についても、値を聞いた6例中で「戻らなかった:3例」「更に低下していた:1例」認められました。運動方法が一定ということもあり、個人により運動負量が異なるので、実施時間にもよりますがAT以上の負荷がかかった方もいれば、AT以下の負荷であり中止基準まで至る前に定常状態となってしまった方もいるとは思います。

実技を実施することで健常人でも様々な変化があることが確認できましたが、値の意味を検証する時間が足りなくなった事が反省点となりました。発表を終えたことの達成感もある反面、それよりも「あそこはああいう風にすれば良かった」など反省点が山のように積もっています。

しかし、この発表を通じ、臨床場面での患者の血圧や脈拍数などの変動を捉えることに焦点を当て、負荷量や負荷時間も更に考えるようになったのも事実です。勉強したことが臨床に活かせた時は本当に嬉しく思います。

今回の反省点を踏まえ、日曜開催では更に発表に磨きをかけ改善したいと思います。

最後になりましたが、発表するに当たり貴重なお時間を割いてご指導くださいました宇都宮先生、原先生を始め、関西支部役員の方々に心より感謝致します。本当にありがとうございました。
 

連絡事項

 投稿者:関西支部 仲谷武司  投稿日:2011年 2月 9日(水)18時36分27秒
  お世話になっております。
平成23年度技術研修会基礎コース コースノートの配布と本年9月に開催される第12回関節ファシリテーション学術集会北九州大会について、ホームページアップしました。
その他、随時アップしていきますので、是非是非適宜ホームページをご覧下さい!
SJF学会関西支部事務局
仲谷武司(河村メディカルクリニック)
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:はらふみこ  投稿日:2011年 1月 5日(水)00時02分44秒
  会員の皆様へ

新年明けましておめでとうございます。
旧年中も関西支部の活動にご協力頂き、ありがとうございました。

今年も一歩ずつ確実に前進して行きたいと思っています。

大阪真実会の本年初回は1月18日です。また、今月末は研修会もあります!
今年もみんなで勉強会を作っていきましょう。

この会が存在していることに感謝します。

全ては患者のため。
仲間がたくさんいます。今年も頑張りましょうね。

本年もどうぞよろしくお願いします。

支部長   原典子


 

1月の大阪真実会の日程

 投稿者:関西支部 仲谷武司  投稿日:2010年12月15日(水)17時17分6秒
  関西支部会員をはじめ大阪真実会に参加されている先生方へ
いつもお世話になっております。
毎月第1火曜日に行っている勉強会ですが、ホームページにも記載している通り、
来年1月は第3火曜日の18日に行います!
お間違えの無いようにお越し下さい。
なお、当日は関西支部総会も開催致します。

SJF学会関西支部事務局
仲谷武司(河村メディカルクリニック)
 

真実会の発表を終えて…

 投稿者:佐藤 優也  投稿日:2010年11月18日(木)03時34分42秒
  四肢長・周径を発表させて頂いた大西脳神経外科病院の佐藤と申します。

毎回、発表させて頂くと、自分の理解していない所が多くわかります。
経験年数を重ねると、「無知な自分」と向き合うのが怖くなる事があります…
しかし、分かっていない事をたくさん知り、勉強した知識・技術が臨床に活かされると、本当に発表して良かったと思います。

「知るを知ると為し、知らざるを知らずと為す、これ知るなり」
わかったつもりにならず、知らない事は山のようにあります。今後とも、学ぶ姿勢を忘れず、一つずつ理解していけたらと思います。

最後になりましたが、今回、貴重なお時間を割いてご指導いただきました宇都宮先生に心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

大西脳神経外科病院 佐藤 優也
 

10月11月発表を終えて・・・

 投稿者:渡辺慎太郎  投稿日:2010年11月12日(金)20時57分18秒
  周径・四肢長の発表をさせて頂きました渡辺と申します。「勉強になったやろ」とお帰りの際にお言葉頂きましたが、その通りで、大変勉強になりました。

ただ聴講するよりも、ご指導頂き、自分たちで調べ・考える方が何倍も勉強になります。
そして、学ばせて頂いたことは臨床で活かされています。

発表は決して楽ではないですが、成長できるチャンスだと思います。
しばらくは測定検査シリーズが続きますが、次テーマにおいて勇気をもって挙手される方がでてくることを期待しています。

最後になりましたが、今回の発表にあたって、宇都宮先生には大変多くのご指導を頂きましたこと心より感謝致します。ありがとうございました。

適寿リハビリテーション病院 渡辺慎太郎
 

レンタル掲示板
/23