teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 『アメリカ素描』読後感

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月21日(土)23時11分50秒
返信・引用
  > No.1294[元記事へ]

ここに

> 私の故郷に仏教到来以前に建立された箱崎八幡宮という神社があります。子どもの頃、放生会というお祭りが何より楽しみでした。放生とは生き物を放つという意味でお宮の近くに放生池という池もありました。子供の頃、その池でカエルやザリガニを捕って遊んでいました。そこの敷地はお宮の土地だったのでしょうね、現在は神社の経営する館の駐車場になっています。

と書きましたが、その駐車場がテレビニュースに登場! ビックリ仰天、驚きました。
http://news24.jp/articles/2009/11/21/07148296.html

ニュース写真の倒れた木は、以前、放生池の周囲にあり、子どものころ、みんなで木登りして遊んだ樹です。
とても大きな樹でしたが、根もと近くで2本に分かれており、その2本の間に入り交互に足を架け登ったものです。
枝からブラ下がったり飛び降りたり、枝の間に板や縄を張りツリーハウスをもどきをみんなで作り遊んでいました。
その樹が残っていて市の保存樹に指定されていたことをこのニュースで初めて知りましたが、倒れたとは時の流れでしょうね。
 
 

老いての一人暮らし

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月20日(金)12時52分52秒
返信・引用
  カミさんが旅行で、ただいま一人暮らし。
日中は出社するので、何とも感じないが、帰宅し、一人でポツンといるのは寂しいものだナ。

子供の頃、大家族で暮らし、早く独立したいと思っていたが、これが憧れの核家族のなれの果て?
これから老いていく、自分の子供達も老いた私達(一人になるかも)と一緒に暮らしたくはないだろう。

血の繋がりはなくても、家族が欲しいと思うかナ。やはり、母子家庭の人と一緒に暮らしたほうがいいのかナ。
将来、介護保険なんて、役にたちはしないだろう。だって介護する若い世代の人口が圧倒的に不足している。

それでも80歳までは生きたいと願う私は「長生き病」?
 

ニッポン人の「長生き病」

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月18日(水)12時53分35秒
返信・引用
  平井修一氏のブログ
http://totopapa.iza.ne.jp/blog/entry/1323994/

氏は私と同様に朝日、岩波に代表される自虐史観に洗脳されていたが、目覚め、普通の人、普通の国民になった、とプロフィールにあります。

私も還暦を過ぎて、やっと目覚めました。朝日新聞から産経新聞に変えてよかった。
しかし、今はこの国の行く末に絶望感を感じています。
現政権になってテレビニュースも殆ど見なくなりました。
 

MJ This is it.

 投稿者:ドロンゴ  投稿日:2009年11月12日(木)22時52分18秒
返信・引用
  マイケル ジャクソンの話題の映画、すごかった。急死したことで、こういう映画が作られ今まで私を含めさほど縁のなかった人たちがMJのすごさ、思いを知る機会が(それは予定通り50公演行われたときよりはるかに多くの人々に対して)出来たわけで、とても複雑な気持ちになる。とにかく、一度ご覧あれ・・。  

角田さんは、

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月12日(木)17時06分29秒
返信・引用
  「かくた」さん、「つのだ」さん、「すみた」さん、「かどた」さん、どうお呼びするのでしょう。全て正解???

万葉集などは1音に1字の漢字をあてています。仮名文字(表音文字)とおなじ使い方です。
ところが、現代は漢字は音ではなく意味をあてて使っています。これを表意文字といいますね。

さて、裂け(sake)、割く(saku)、坂(saka)、逆(saka)のように似た意味に異なって漢字が使われています。
岳(take)、武(take)、猛(take)、剛(take)も、やはり同じように似た意味に異なって漢字が使われています。
笠(kasa)、傘(kasa)、瘡(kasa)も、やはり同じでしょう。いずれも盛り上がった、とんがった形の意味を持ちますね。

古代日本人は漢字を表音文字として最初は使っていましたが、やがて漢字の一つ一つの意味を知り表意文字として使う便利さを収得し、定着していったと思いませんか。
と同時に、表音文字も音読みとして定着していったのでしょう。

「角」は「カク」が音読み、「つの」、「すみ」、「かど」が訓読みですね。但し、「カク」は本来は撥音の「カッ」(kakh)のように発音されていたのが、「カク」と聞こえたのでしょうね。
ネコ(CAT)をネィティブな英米人は「キャッ」と発音しているのを「キャット」と聞こえたのでしょうね。今では「キャット」とカナ表記が定着しています。

さて、漢字に意味があることを知った古代日本人は、それまでの字をも持たない言葉に競って漢字を当てはめたのでしょうね。
その結果、V字形を表す「さか(saka)」、Λ字形を表す「かさ(kasa)」に様々な漢字が使われるようになったのだと思います。高いもの、強いものをあらわす「たけ(take)」にも様々な漢字が使われているのでしょう。

学者でないので、拙い勝手な解釈かもしれません。しかし、登った山の名前を、いろいろと解釈するのも雨の日の余興として面白いものです。
鶴寝山は、ツルンと滑る尾根の山というように。山旅 165号
 

若年層と高齢層との情報ギャップ

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月12日(木)17時04分13秒
返信・引用
  古沢襄さんの杜父魚文庫ブログの紹介
内閣支持率で沈黙する朝日新聞
http://blog.kajika.net/?eid=995359

テレビ・新聞接触率が低く、ネット接触率が高い私は、若年層に分類されますよネ。
 

こちらも紹介

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月11日(水)22時43分2秒
返信・引用
  産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員古森義久さんのブログ
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/

古森義久さんの記事は雑誌でよんでいるのでブログを読むのは稀。
これからは毎日、目を通そうかな。
 

我が意を得たり 3

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月11日(水)22時05分28秒
返信・引用
  産経新聞政治部首相官邸キャップの阿比留瑠比さんのブログ。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/

阿比留という名字は対馬に多いということを阿比留姓の知人から聞いたことがあります。
騎馬民族っぽい名前で好きですね。
 

我が意を得たり 2

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月10日(火)08時54分56秒
返信・引用
  なんでも昔がいいわけではない。
各地の環境基本計画に里山の保全の字が並ぶが、滑稽である。
下記は石井彰氏の記事
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091021/207734/
 

山岳遭難の記録第1号は

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月 9日(月)21時22分31秒
返信・引用
  写真帳に記載しましたが、裂け(sake)、割く(saku)、坂(saka)、逆(saka)は、V字形の意の言葉でしょうね。
2年ほど前に、この雑記帳に地名考を書き込んだことを思い出しました。それが「山旅」166号に掲載されました。
そこに「岳」はタケーから、なんてバカなことを書いていますが、岳(take)、高(taka)は同様の意味を表す言葉でしょうね。長け(take)るという言葉もあります。
漢字は中国から伝わってきたもので、当初は音に字を当てていますね。その例として万葉集が伝えられています。音に字を当てはめたものは、やがて万葉仮名、かな文字やカナ文字に姿を変え今日に至っています。
さて、「たけ」の字は、このほかにどんなのがあるかというと武、猛、剛もあります。ここで思い出すのはヤマトタケル(日本武尊)です。
武尊岳にはヤマトタケル伝説が残されています。古事記や日本書紀にはタケルに「建」の字を当てはめています。
ヤマトタケルは騎馬にのって関東に来たのでしょう。見上げる姿は高い、長けるものだったのではと思いますが、背も高かったのでしょう。

さて、そのヤマトタケルは関東、甲信越を征伐した帰りに伊吹山の神を討ち取ろうと伊吹山に登りますが、大氷雨を降らされ、命は失神してしまいます。低体温症になり、その後、病の身となりました。

もうおわかりでしょう。山岳遭難記録第1号はヤマトタケルノミコトです。


「命」は、「いのち」ではなく「みこと」と読んでね。命令の命です。
「みことのり」は詔、勅と書きます。命令文書の意味ですね。
国会の開会には天皇陛下の詔が必要ですね。

また、蛇足だったかな。
 

ちゃんちゃら可笑しい

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月 6日(金)23時00分49秒
返信・引用
  「ちゃんちゃら可笑しい」といのは方言、博多弁なのかなぁ? 笑止千万だ。まったく滑稽だという意味です。
で何が笑止千万、滑稽かというと先日のNHKスペシャル「自動車革命」なる番組の内容である。

NHKは中国へ肩入れ偏向する番組が多く歴史の捏造さえする。最近では「ジャパンデビュー」なるとんでもない番組があった。

科学番組も怪しいものがたびたびある。今春も「女と男-最新科学が読み解く性」という番組があった。これについては以前に触れている。

「自動車革命」なる番組、ガソリンから電気へ、革命的な変化の時代をむかえた自動車産業という内容であるが、大筋はいいだろう。
しかし、電気の中身がどう変わるのかは全く触れられなかったので、3回目があるのかと思って日曜日の番組表を気にしていたが先週もなし、次の日曜もなし。

2回目でお終い。その2回目の内容は電気自動車の時代になって中国やインドの自動車産業が勃興し世界制覇するだろうと暗示していた。
これがちゃんちゃら可笑しい。電気自動車と言っても単に蓄電池すなわちバッテリーに充電しモーターを回すだけ。
こんなに簡単だから新興国の技術でも追いつき追い越せると言いたいらしい。アホ!と思わずテレビに向かって叫んだもんだ。充電して走るなんておもちゃ自動車だ。
電気自動車とは電気を起こしてつまり発電して動く自動車が未来の自動車であり、それこそ「自動車革命」であろう。
次世代エネルギーは太陽電池でも、風力でも、水力でもない。燃料電池こそ本命である。水素と酸素を結合させエネルギーを取り出す。排出されるのは水蒸気である。
最近、テレビに「エネファーム」というコマーシャルがよく流れているが、それも燃料電池の一種である。
燃料電池は、自動車はもとよりパソコンのような小さな機器の電源としても期待されている。電車自体がこれで発電して走ることもできる。この先端技術が中国ごときに開発できようもない。ちゃんちゃら可笑しい。

燃料電池が各家庭や事業所に導入されると各家庭や事業所が発電することになり大規模な発電所は必要なくなるかもしれない。これを分散発電システムという。
積極的に開発・導入していかねばならない。原子力船「むつ」の二の舞はしてはならない。
 

我が意を得たり

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年11月 5日(木)09時39分45秒
返信・引用
  経済が縮小しているとき、国営化と福祉に舵を切るのは正しくない
(大前研一氏のコラムより)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091104/193320/
 

(無題)

 投稿者:yoshirou  投稿日:2009年11月 4日(水)23時30分24秒
返信・引用
  久しぶりに映画見ました。「this is it」かっこいい。  

『アメリカ素描』読後感

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月31日(土)21時25分4秒
返信・引用
  出張の往復の車中で拾い読みしました。日本とアメリカの文化の違いを様々な事例を通じて評論されていますが、多少の語弊を承知で一言でいうと、評論されている事柄は、農耕民族的な要素の濃い文化と狩猟民族の要素の濃い文化の違いを述べているだけではと感じました。

一昨日の産経新聞のコラム記事氏の言う「投資」と「投機」も、違いは種を植え肥料をあげ育てる文化と、何処に家畜を放すとよく肥えるか賭ける文化の違いではないでしょうか。
農耕民族からみると「投機」は邪道に映るのでしょうが、狩猟民族の眼からみると「投資」は季節変動に弱い非効率な賭けに見えるのかもしれません。

読後、ふと思ったのはカミツキガメのことです。ペットとして飼っていたのが大きく育ちすぎ飼えなくなって河川湖沼に放したのが自然繁殖し危険な存在になっている動物ですね。
なぜ、飼えなくなったら処分すなわち殺そうとしないのかと思いますが、様々な動物との共生が農耕民族の文化なのではないかと思います。だから動物を殺すということより共に生きていくことを選ぶのでしょう。
それは仏教という宗教の殺生を禁ずる教えからきていると言う方もおられるでしょうが、私は農耕民族の文化に仏教が受け入れられたのだと思います。ヒンズー教のインドも農耕民族が多く、動物との共生の文化ですよね。
ペットを放つことによって精神のやすらぎを覚えるのでしょう。しかし、そのことがやがて多くの人、特に子供達に被害をもたらすであろうことを予測出来るにもかかわらず、そのときの精神のままに行動してしまったのでしょう。

私の故郷に仏教到来以前に建立された箱崎八幡宮という神社があります。子どもの頃、放生会というお祭りが何より楽しみでした。放生とは生き物を放つという意味でお宮の近くに放生池という池もありました。子供の頃、その池でカエルやザリガニを捕って遊んでいました。そこの敷地はお宮の土地だったのでしょうね、現在は神社の経営する館の駐車場になっています。

昨日の新聞の広告欄にある月刊誌の広告が載っていました。そこには「貧しさの平等」「格差是正でほろびゆく日本」の文字がありました。誰の目からみても貧しさを見たくないという気持ちがあるでしょう。バラマキは良いことのように思えるでしょう。しかし、そのことがやがて多くの人、特に子供達の世代に大きなツケをもたらすであろうことを予測出来るにもかかわらず、国民の多くはバラマキ政策を支持してしまいました。

集落という限られた地域内だけで経済が成り立っているなら、それも良いでしょう。豊作を皆で喜ぶことも、凶作に襲われ集落全員が困窮するのも集落全員平等、宿命とあきらめてもよいでしょう。
しかし、そうではなく、現代はグローバルな経済の中で我々は生活しています。地域内の資源に乏しい我が集落(国)は、他の集落(国)との交易で生きていることを再認識してほしいものです。他の集落から買ったエネルギー、食糧で生活が維持されていることを認識すべきでしょう。
子供達の世代も豊かに生きていけるよう、交易を続けて行くには何が必要なのか、どのような産業を育てる必要があるのか理解してほしいものです。そのための構造改革についても学んでほしいものです。

ペットを放すという精神の安らぎよりも、将来に禍根を残さないようにペットを処分するというつらい選択をしなくてはならないことを認識し行動すべきでしょう。
将来の発展のために「米100俵」の精神で我慢する、苦しさに耐えるという、つらい選択をしなくてはならないことを知ってほしいと願っています。
同情することが正義だと錯覚せず、非情の心にこそ正義の真意があるのだと認識すべきです。

以上、『アメリカ素描』読後の感想でした。先生に褒められる感想文ではないですね。昔からそうです。
 

『アメリカ素描』

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月29日(木)22時19分12秒
返信・引用
  明日の出張に持参する本は、これ!
今朝の産経新聞のコラム記事に引用があった司馬遼さんの作品である。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091029/trd0910290256003-n1.htm

この記事に触発されて、もう一度読み返して見ようと思った。
 

環境産業革命

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月27日(火)13時45分16秒
返信・引用
  先日の日曜日にNHKで「自動車革命」という番組をやっていましたね。
どうかな?と思わざるを得ないものもありましたが大筋で番組の内容に賛同します。
しかし、新政権のバカバカしさには呆れますね。
「内需」「福祉経済」へ産業構造を変えることが戦後政治の大掃除なのでしょうかね。
環境技術は工業そのもの、強い工業と輸出力は雇用の源泉だということがわかってない。
「外需」なくして「内需」なし。こども手当もそうだが、コメ農家の所得補償には怒りを覚えます。
 

ウイルス対策ソフト

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月25日(日)20時37分33秒
返信・引用
  マイクロソフトが無料のウイルス対策ソフトを配布しています。
http://www.microsoft.com/security_essentials/
Windowsの正規版であれば誰でも利用できます。


ウイルス対策ソフトAviraは個人利用であれば無料です。
http://www.free-av.com/en/products/1/avira_antivir_personal__free_antivirus.html
検出性能に優れ評判です。現在は英語ですが年内には日本語版もでます。
 

つけは将来に

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月15日(木)19時19分47秒
返信・引用
  赤字国債増発、過去最大の予算要求、そのつけは将来、次世代に。
こども手当を貰って喜ぶアホらしさ。ローンを抱えるのと同じ。
言わば、ゆとりローンか、将来、金利があがり収入低迷で破産か。
 

気になる

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月 7日(水)22時28分59秒
返信・引用
  この3連休まで北アルプスの小屋は開いて、3連休後に閉めるところが多いでしょうね。
台風18号は北アルプスを通過していくと思いますが、平地で最大風速40m以上、これが高山では、どのくらいの風速になるでしょうね。
3連休の北アルプスは、冬型の気圧配置で降雪も考えられますが、台風で登山道が荒れていないかも気になるところです。
yoshiroさん、気をつけてね。
 

台風18号

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月 6日(火)12時46分40秒
返信・引用
  中心気圧は下がり始めたようですが、それでも未だ非常に強い台風ですね。
たしか、今年は伊勢湾台風から50年目。浸水が起きなければよいですね。
富士山上空を通過した場合、どんな風が周りに吹くのでしょうね。まさか噴火は?
 

風邪か、インフルエンザか

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月 4日(日)17時23分55秒
返信・引用
  金曜に帰宅した頃より、鼻の調子がよくない。微熱がある前兆のようだった。
土曜の朝、ウオーキングに出かけたが帰路、雨に遭い、自宅で入浴以降、身体に力がはいらない。昼食時、夕食時以外はベッドに横になり寝てしまった。ぐっと寝て目を覚ますと21時半、それから夜の長いこと長いこと。幾度となく目を覚ましトイレに立つ。
日曜の朝、なんとか調子が戻ってきたが、パソコンを開く気力がない。キーボードに向かうのが億劫なのだと思う。夕刻(さきほど)やっと、パソコンを開いた。40数時間ぶりである。自宅にいて、これほど長時間パソコンを開かないのは初めてのことだった。
 

船窪小屋ネットより

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年10月 2日(金)20時05分27秒
返信・引用
  今年も恒例の船窪登山教室「下の廊下山行」を行います。

■行程
【1日目】
信濃大町駅下車→扇沢駅→トロリーバスにてダムサイトへ→蔵ノ助沢出合→別山沢出合→白竜峡→十字峡(昼食)→S字峡→仙人ダム→阿曽原小屋泊まり
【2日目】
阿曽原小屋→水平歩道→折尾谷→志合谷(ランプ必要)→シジミ谷→欅平→トロッコ電車にて→宇奈月駅→マイクロバスにて→大町駅解散

■日程
10月18,19日

■費用
2万5千円(トロリーバス、トロッコ電車、マイクロバス、山小屋宿泊代、案内料含む。初日、二日目の昼食は本人負担。)

■定員 15名
 

写真撮影スタイル

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月23日(水)22時12分42秒
返信・引用
  昔、写真を撮るというのはファインダーを覗いてシャッターを押すという決まり?でした。
最近は、腕を伸ばしカメラの液晶画面を見てシャッターを押すスタイルが定着していますね。
昔は液晶画面なんてなかった。最初の液晶画面は動画を撮るビデオカメラに付いていましたね。
ビデオ動画の場合は構図を決めるというより、被写体を追うという感じでしょうか。静止画の場合はファィンダーを覗いたほうが構図が決めやすいです。
TVなどのプロのビデオカメラマンはファインダーを覗きながら被写体を追い(構図を追うというのかな)撮影します。
その理由は、ピントの確認がしやすいからです。腕の先の液晶を見る視野画と目の前のファィンダーの視野角は圧倒的に後者が広いわけで、微妙なピントづれも視野角が広いほど確認しやすくなります。
但し、ファインダーは近眼、老眼といった個人の視度の違いがあり、他人にファインダーを覗いてシャッターを押して貰うときは不便です。私はそのような時は液晶画面に切り替えて渡しています。
ファインダーがないデジカメ用に液晶画面の上に被せてみるファィンダーも発売されています。日中の明るいところでも見やすくする効果もあります。
ファインダーを覗いて構図を決めシャッターを押す、違いがわかりますよ。
 

推奨デジカメ

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月23日(水)11時39分34秒
返信・引用
  山で電池が切れるのは最悪ですから少々重くても単三電池式がいいのですが、単三電池採用のデジカメは少ないですね。
単三電池式は、キャノンの PowerShot A1100 IS か A1000 IS  軽く液晶画面がきれいなのは、パナソニックの LUMIX DMC-LS85 ですね。
もっと軽いのはというと専用電池式になります。軽い順に、ニコンのCOOLPIX S640 パナソニックの LUMIX DMC-FS7 カシオの EXILIM ZOOM EX-Z250 ですかね。110g以下です。
ズーム倍率が高いのは、キャノンの PowerShot SX200 IS パナソニックの LUMIX DMC-TZ7 ですが価格も高く、重量も200gを越えますね。
 

シルバーウイーク

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月17日(木)15時47分16秒
返信・引用
  今度の5連休、そんな名前が付いている。観光業者が付けたのだろう。
さて、ウチのカミサン、私は5連休、どうやって過ごそうかと呟いた。
山に5日も行くヒマがあったら、実家の母の様子でも見てきたらと嘆かれた。
正月は母の様子を見に帰ると約束したが、正月に遊びに来る孫と会えない。
やはり、5連休に山に行くのはまずかったかな。身から出たサビ?
 

サイクリングロード

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月14日(月)23時09分2秒
返信・引用
  県道川越狭山自転車道線、通称サイクリングロードは入間川の堤防に沿って造られています。狭山側の起点の豊水橋まで我が家から500m。車は一切通りません。歩行者と自転車です。
入間川の河川敷には、私が歩いた範囲で、野球場が10面以上、サッカー場やゲートボール場が20面以上、このほかに大きな親水公園、児童公園、ミニゴルフ場、ドッグラン、花の広場、それに散策する人や犬の散歩、サイクリングを楽しむ人、釣り客など1万人以上は確実にいましたね。

http://wakurou.exblog.jp/8963836/
 

ウォーキングに挑戦

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月13日(日)20時43分23秒
返信・引用
  今日は午後から若い若い女性の来客があるので山に行けず。といって身体をもてあましTVの前でゴロゴロは避けたい。
それで全長23kmある県道川越狭山自転車道線でウォーキングに挑戦しようと決意。
ツーデーマーチやスリーデーマーチには最長50kmコースがあるので、普段登山していれば問題なく歩けるだろうと高をくくった。
午前8時を過ぎていたので正午までに帰還するには時速6kmで歩いても20kmが限度と見据えて出発。
往きは写真を撮りながらも快調にとばし10時過ぎに標識の橋を通過。しかし、還りはヘトヘト、山の下山路と同じ苦しみを味わいながら、なんとか12時を1分過ぎに帰宅。
歩数は26,571歩、距離21km弱でした。
これでは大地震の時に都心からの帰宅は無理かな、全区間往復46kmを走破する力がないと帰還は出来ないと思った。
毎月1回はウォーキングに挑戦したい。次は25km走破が目標。そして、ツーデーマーチやスリーデーマーチにも挑戦したいな。
 

これからの季節、高山は油断ならない

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月10日(木)09時23分34秒
返信・引用
  大雪山系黒岳(1984メートル)で9日、初雪が確認された。昨年の初雪は9月23日で、今年は2週間も早い、とのニュース。

黒岳ロープウェイを運行するりんゆう観光によると、早朝の山頂付近の気温は氷点下1度。前日の6度から急激に冷え込み、折からの激しい雨が正午すぎに雪に変わり、約20分間降った。旭川地方気象台によると、サハリン付近の低気圧から10月中旬並みの寒気が黒岳上空に流れ込んでいた。
 

北アルプス 常念・蝶

 投稿者:吉田(博)  投稿日:2009年 9月 6日(日)16時20分17秒
返信・引用
  晴天に恵まれ槍・穂をお供に蝶ヶ岳ヒュッテに入りました。明日は三股に下ります。蝶の小屋にインターネットの端末があったので書き込んでみました。  

何かが変?

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2009年 9月 1日(火)15時04分36秒
返信・引用
  8月も終わりましたが夏らしい夏がなかったように感じます。
例年だと太平洋高気圧に覆われ、照りつける太陽に曝されるのですが、今年はそんな日は何日あったでしょうか。
移動性の高気圧と低気圧、前線が周期的にやって来る春や秋のような天気図をみる毎日です。晴れや曇、雨の日が順繰りですね。
台風11号は思ったより近づきましたね。そうは言え秋台風らしいコースでした。なんだか9月下旬から10月上旬のような天気が続きます。
何かが変?
 

レンタル掲示板
/40