teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/1184 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

朝日新聞の過ちは重大

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2014年 9月13日(土)10時43分58秒
  通報 返信・引用 編集済
  建設業、放送業、鉄道業、不動産業、警備業、金融業、医業、飲食業、訪問販売業、弁護士業など、世の中の業には、ほとんどの場合、当該業を規制する業法と呼ばれる法律がありる。そして、これら業法の最大の目的は、それぞれの業が持つ国民への影響力の大きさに着目し、国民の生活の安全などを図るためにある。新聞業にはその『業』のルールを法制化した、いわゆる『業法』が存在しない。朝日新聞は「慰安婦報道」など、国民に取り返しのつかない大きな損害を発生させているにも関わらず罰せられないのは納得がいかない。早急に法制化がなされるべきであろう。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140913-00010003-biz_bj-nb

在英国際ジャーナリスト木村 正人氏は、「朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか」という記事で、こう述べている。「ジャーナリズムは、国民一人ひとりの幸せを実現するためにある。朝日新聞の考え方を一方的に押し付けるためや朝日ブランドを高めるためにあるのではない。」、「インターネットは既存メディアを上回る『第5の権力』になった。」、「産経はニュースを解放する道を選び、朝日はニュースを囲い込む道を選んだ。この過ちが、朝日新聞とネットの間に埋めようのない溝を作った。 」、「ネットを通じて読者とつながっていき、社会を向上させていくというデジタル・ジャーナリズムの本質を見落としている。」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20140912-00039037/

我が家は10年前に朝日と産経を1年間購買し検討した結果、朝日の記事に偏向ありと判断し、現在は産経のみを購読している。産経の阿比留瑠比氏(民主党政権時代は官邸キャップ、現政治部編集委員)は、慰安婦に関する朝日新聞の報道について、「日本をおとしめることができれば事実などどうでもいいという考え方があった。」と指摘されていますが、ネットで情報を集め、自らの頭で考える人ならば、朝日新聞の記事の異常さに気づかないわけはない。朝日新聞に法的責任を取らすことが出来ないなら、自浄を求め解体的出直しを促す必要があるが不買運動を行うのが最も効果があるのであろう。




 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1184 《前のページ | 次のページ》
/1184