teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/1184 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

なぜ、わざわざ自衛隊が米軍を救助したのか

 投稿者:わくちゃん  投稿日:2013年 5月30日(木)20時39分48秒
  通報 返信・引用 編集済
  以下は、琉球新報 5月30日(木)11時20分配信の記事

「事故を許すわけにはいかない」。米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落してから一夜明けた29日。県や政党、市民団体らは、集会や要請などを通して日米関係機関に抗議の声をぶつけた。この日、F15は訓練しなかったが、県側が求める原因究明までの飛行中止が実現する見通しは立っていない。沖縄を覆う不安をよそに、他の所属機がわが物顔で空を行き交う「普段通り」の日常が際立ち、県民の不安と怒りが一層高まった。

【嘉手納】沖縄平和運動センター、中部地区労、第3次嘉手納爆音訴訟原告団らは29日、嘉手納町屋良の通称「安保の見える丘」で、「米軍F15戦闘機墜落事故糾弾! F15・オスプレイの即時撤去を求める緊急抗議集会」を開いた。約150人の参加者が嘉手納基地に向かい抗議の声を上げた。

集会で沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長は「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」と憤った。爆音訴訟団の新川秀清団長は「住民が危険にさらされている。安全という言葉は沖縄には通用しない。特効薬は基地撤去しかない」と訴えた。

沖縄国公労の白石幸嗣委員長は「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」と疑問を呈した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000012-ryu-oki


これに対するネットの声は、市民団体・労働団体や報道した琉球新報に対する批判で炎上。
以下、一部を抜粋

:人助けに文句言うのか
:人の命を助けるのに米軍も自衛隊も関係あるか?
:そういうとこにも文句つけるんだ、すげーな(´・ω・`)
:人助けに文句言う市民団体w 糞の証だな
:たとえ敵国民でも救助するのが人の道だろ。 こいつら本当に平和団体かよw
:批判する意味がわからない、 救助するのは当然だろ
:人名救助でさえ叩くネタなんかよ・・
:日本人なら東北震災の時に助けてもらった恩は忘れない、 コイツらは日本人ではない
:東日本大震災の時、がれきの中を強行着陸して仙台空港直したのは米軍だろうが。何言ってんだこいつら。
:コイツラは、中国人や韓国人を助けなかったら、自衛隊は非人道的な暴力装置って非難するんだぜw
:領海侵犯した中国船が沈没したら自衛隊が助けなかったら何で助けないのかとファビョるくせに何言ってんだこのキチガイ新聞は
:普通の沖縄県民はこういう報道を見て何を思っているのか
:落ちたのが北朝鮮機でも助けるだろ
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/1184 《前のページ | 次のページ》
/1184